未分類

お金の使い方

モノを買うと手元に現物を見て、触って、
感じることができる。

だから人はモノにお金を使う。

そのモノが本当に好きなら、いい。

けれども、人の持っているモノを観察してみると、
それが本当に気に入って買ったというより、

それを人が持っているから、流行っているから
という理由で買っている人が多い。

お金が捨てるほどある人ならそれもいい。

けれども、お金があまりないなら、
モノにお金を使うより、経験にお金を使うことを
優先することをおススメする。

なぜなら、経験は自分を成長させる
糧になるから。

どうやら成功者と呼ばれる人は、
モノにもお金を使うが、それ以上に経験にお金を使う。

貧乏人は、モノにお金を使って、経験にお金を使わない。

経験は品物として手にとって見ることができないから、
高いお金を払ってまで買う気がしないのだろう。

だいいち、お金を払ってまでした経験が
心地よいものでなければ損した気がする。

しかし、どんな経験にも損はない。
心地よくない経験ですら得なのだ。

なぜなら、経験し、感じたことがすべてだから。

だから、経験にお金を使おう。

経験にお金を払うと、

それがどんな経験であれ、そこから学ぼうとする。
感じようとする。

そして、たくさんの経験は、
あなたをとても興味深い人にする。

モノでなく、経験にお金を使おう。

関連記事

  1. 落ち葉拾い
  2. 誰と何をするのか
  3. 素直に正直に
  4. ダイエットの極意
  5. 整理、整頓、掃除の定義
  6. 大きな夢の叶え方
  7. 子どもを料亭に連れて行こう

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

“お悩み相談窓口"
“youtubeで動画を見る" “Facebookでシェアする" “ポッドキャストで音声を聴く"
“仏教で磨くリーダーの才覚
PAGE TOP