未分類

やりたいことが見つからない

と相談してくる人があります。

それは、そうでしょう。

やりたいこととか、自分の使命とか、本分とか、
色々な表現がありますが、

まず今やっていることを本気でやっていなければ、
やりたい事なんて、

どんなにネットで検索しても、

人脈パーティーとかに参加しても、

セミナーに参加しても、

見つけられるはずがないんです。

本当にやりたいことが見つけたければ、

「お前、何生き急いでんの?」

と、周りから呆れられるぐらい、
今やっていることに必死こいてみることです。

それが手を使うことなら、必死で手を使うことです。

それが足を使うことなら、必死で足を使うことです。

それが口を使うことなら、必死で口を使うことです。

それが頭を使うことなら、必死で頭を使うことです。

とにかく、自分の今持てる能力をありったけ動員して、
もうこれ以上できないっていうピークを越えるだけ越えて、

締め切りや期限のギリギリまでベストを尽くして、

ようやくその先に、自分のやりたいことが、
チラッと分かった気がしてくるのです。

それがコピー取りだろうが、お茶汲みだろうが、
皿洗いだろうが、電話番だろうが、

やることは何でもいいんです。

男の仕事も女の仕事もありません。

自分が好きだとか、嫌いだとかもいいんです。

本当にやりたいこと、本当に好きな事も分かっていない状態で、
好き嫌いもクソもないでしょう。

いいからやってみることです。

必死こいてやってみることです。

その先に訪れる感覚が、「本当にやりたいこと」を
自分に教えてくれるんです。

やりたいことは、人に教えられることじゃないんです。

そこへ行った人にしか分からない感覚なんです。

だから、それを、

そう、今、あなたがやっている「それ」を、
限界を越えてやってみて下さい。

早い人で一ヶ月も続ければ、

私の言っていることが、腑に落ちると思います。

関連記事

  1. チベット仏教のお話
  2. ガンになりやすい仕事
  3. きっとある
  4. お金の使い方
  5. 魔女の一撃
  6. 生きる意味が分からない
  7. 幸せの違い
  8. 戦友と交われ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

“お悩み相談窓口"
“youtubeで動画を見る" “Facebookでシェアする" “ポッドキャストで音声を聴く"
“仏教で磨くリーダーの才覚
PAGE TOP