未分類

コミュニケーションの極意

「ねえ、聞いて、聞いて」

子ども達は親しくなると、30秒に1回は、
見て欲しい、聞いて欲しいと寄って来る。

最初は「おお、すごいね~」と向き合って興味を示す。

2回目は、ちょっと面倒になって、「ハイ、ハイ」と受け流す。

3回目になると、うっとうしくなって「ちょっと静かにしてて」となる。

大人同も同じだ。

「私の話を聞いて欲しい」

何歳になってもそんな欲求は止まらない。

ところが、

聞いて欲しい人ばかりで、
聞きたい人が少ないから問題が起きる。

とくに家族間など、

一番話を聞いて欲しい人に限って
話をきいてもらえない。

だから、いつも満たされない。

「満たされない」=不満。

不満エネルギーは蓄積すると、
そのうち爆発するか、よからぬ事態を招く。

不満を蓄積させないためには、
きちんとコミュニケーションをとること。

コミュニケーションの極意は、とにかく聞くこと。

身近な人の話ほど、つい、おざなりになってしまうから、
意識して時間を設け、自分から聞く姿勢を示すこと。

テレビ、パソコン、スマホの電源を切って、
相手におヘソと顔を向けて、

「それで、それで」とか相づちを打ちながら、

相手の顔が「聞いてくれている」と安心して満たされた
ことが確認できるまで聞くことに務めること。

聞くことと、話すことのバランスは2:1。

耳は2つで、口は1つなのだから。

2つ聞いて、1つ話す。

それでちょうどいい。

関連記事

  1. 大きな夢の叶え方
  2. 学び方のコツ
  3. 仕事が続かない人に欠如している「ノウハウ以前に重要なこと」
  4. 牛と犬と貧乏と金持ち
  5. 落ち葉拾い
  6. 出ない杭は、、、
  7. 恥ずかしい話
  8. 素直に正直に

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

“お悩み相談窓口"
“youtubeで動画を見る" “Facebookでシェアする" “ポッドキャストで音声を聴く"
“仏教で磨くリーダーの才覚
PAGE TOP