未分類

ダイエットの極意

世の中には、たくさんのダイエット法がある。

バナナダイエット、ヨーグルトダイエットなど、
食べ物や食べ方を工夫するダイエット。

筋トレや肉体の一部を縛るダイエットなど、
肉体に働きかけるダイエット。

写真や日記等、食べたものを記録する、
意識に働きかけるダイエット。

それはもう、たくさんありすぎて、
何が一番いいのかが分からない。

分からないからといって、
太り過ぎた体を放置しておくのも
色々な意味で望ましくない。

私の知り合いに、100キロ超から
70キロ台までに体重を落とした
デザイナーがいる。

年も40を越え、メタボ診断を受けるまでもなく、
360度どこから見ても立派なメタボなので、
何とかしたいはしたい。

しかし、仕事は激務の上、
夜は絶対に家に帰って奥様の家庭料理を
食べたいという信条があるから、
夜中に食べる習慣は変えられない。

そこで、考えた末、

食べたものを記録する方法にヒントを得て、
とにかく食べたものの写真をすべてiphone
で記録する策に出た。

それが効を奏して、
半年で見事に20キロ以上痩せることに成功した。

涙ぐましい努力をしても、一向に痩せる
ことができない人もいるというのに、

iphoneで食べたものの写真を撮るだけで
20キロ痩せるのだから人間は不思議だ。

これが一番、というのはない。

すべてのダイエット方法に成功者と失敗者がいる。

ただ、長年セラピストをやってきた経験、
そして自分の体験からすると、

ダイエットの成功、不成功には、
効果的なノウハウともう一つ、

とても重要な要素が絡んでいる。

その要素とは、、、

「愛情」だ。

食べ物は愛情と密接に関係している。

人は赤ん坊の時、母の愛がなければ
生きられなかった。

母の乳を食らわなければ、生きられなかった。

だから人は愛に飢えると、
食べ物を貪るか、食べられなくなる。

失恋して、拒食か過食に走る女子がいるが、
それは、脳の中で、愛と食を司る部分が
隣接しているからだ。

もし、痩せたいのに痩せられないとしたら、
次々ダイエット方法を追いかける前に、

必要な愛情を得られているかを
見つめてみるといい。

親子の愛情、夫婦や恋人の愛情、仲間同士の愛情。

愛情の欠如が、人を暴食に向かわせる。

愛情に満たされると、人は食の足るを知る。

関連記事

  1. 小さな習慣の大きな力
  2. 初夢が暗示すること
  3. 牛と犬と貧乏と金持ち
  4. やりたいことが見つからない
  5. 独自の文化を築くことの大切さ
  6. 魔女の一撃
  7. 音を観る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

“お悩み相談窓口"
“youtubeで動画を見る" “Facebookでシェアする" “ポッドキャストで音声を聴く"
“仏教で磨くリーダーの才覚
PAGE TOP