未分類

チベット仏教のお話

監獄の中でいっしょだった2人の僧侶が、監獄を出て数年経った後、再び出会いました。

2人は監獄では看守たちからひどい拷問を受けていました。

「奴らを許したかい?」と片方の僧が聞きました。

「許す?とんでもない。絶対に許すものか!」もう1人の僧は答えました。

「そう。君はまだ監獄にいるんだね」

「、、、、、、」

だれの為に許すのか。

だれでもない、自分がそれ以上苦しみや怒りをもって生き続けることをやめるために許す。

関連記事

  1. いったい何度いったら分かるんだ!
  2. 最後の日本兵の言葉
  3. 新鮮で、刺激に満ちた日常
  4. 記憶に残る人
  5. 誰と何をするのか
  6. きゃりーぱみゅぱみゅ
  7. 小ざかしい術に頼らない
  8. 生きる意味が分からない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

“お悩み相談窓口"
“youtubeで動画を見る" “Facebookでシェアする" “ポッドキャストで音声を聴く"
“仏教で磨くリーダーの才覚
PAGE TOP