一問一答

人生の最後に後悔しない生き方のススメ

【相談内容】3年前に子宮癌を患われた48歳(独身)の女性からご相談をいただきました。

今のところ転移や再発はなくお過ごしのようですが、未だ3ヶ月に一度の検診で通院をされているようです。

体調が不安定なため、健康に自信が持てなくなり、現在は職を離れられたとのこと。しかし、それでも生活のため働かなければいけない現状につきあたり、なんとかして前を向いて仕事に就こうと思っておられるようですが、病気が恐ろしいと同時に、そのせいで、働いた先の人に迷惑をかけてしまうのではないか、そしてそれ以前に、病気を抱えた自分が仕事に就けるのかどうか、という不安や恐怖にさいなまれ、つらい毎日を過ごしておられるようです。

今回は、そのような不安を抱えて、最初の一歩が踏み出せない方へ贈る、どのような状態においても人生を楽しむための知恵について、元勝和尚にお話をいただきました。

関連記事

  1. 「電磁波」の影響を和らげる○○の力
  2. 「思うようにならない」からこそ出来ることがある
  3. 他人の幸せを喜べる人・喜べない人2つ違い
  4. 欲を手放し心を整え穏やかに生きる
  5. 「目標達成」のヒントは足元にある !?
  6. 先入観や妄想を捨て、正しく社会と関わる心得
  7. 食べても食べても止まらない食欲…その対処法とは?
  8. 自分の意見がない人でも1ヶ月で変われる2つのトレーニング

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

“お悩み相談窓口"
“youtubeで動画を見る" “Facebookでシェアする" “ポッドキャストで音声を聴く"
“仏教で磨くリーダーの才覚
PAGE TOP