一問一答

今、被災地のためにできること

【相談内容】「地震や災害で困っている被災地の人たちをテレビで見ると、何かしてあげたいという気持ちが湧いてきます。けれども、何をしてあげるのが被災地の人にとって一番いいことなのかがわかりません。ボランティアで被災地に行って実際に動くべきなのか、何か救援物資を送ることなのか、お金を寄付するのがいいのか…いろいろな情報がネットやテレビで流れており、素人のボランティアの人たちが逆に現地の救助作業の足手まといになっているとか。救援物資も必要のないものまで送られてきて大変だとか。とにかく、Facebookやtwitter、インターネットには情報が溢れすぎています。何かしたいとは思うのですが、それが無駄になってしまったり迷惑になってしまうことは避けたいと思っているのですが、被災地の人が望んでいることで私たち一般人ができることはなんだと思いますか?和尚様のご意見をお聞かせください。」というお便りを頂きました。
熊本地震で被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。様々な情報が錯綜する中、私たちが被災地の方々に対して何ができるのか、元勝和尚にお話をいただきました。

関連記事

  1. 日本人として知っておきたいお盆の話
  2. 大愚流「最強の働き方」ノウハウよりも大切なこと
  3. 引きこもりから脱出して人生の方向転換をする為の6つの手順
  4. 親友がいない人必見|親友をもつことのメリットデメリット
  5. 「思うようにならない」からこそ出来ることがある
  6. 自分にスポットを当てない生き方
  7. 親の言いなりではなく自分で人生を切り開く方法
  8. どんな負けも失敗も正面から受けとめる「受身の達人」となれ!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

“お悩み相談窓口"
“youtubeで動画を見る" “Facebookでシェアする" “ポッドキャストで音声を聴く"
“仏教で磨くリーダーの才覚
PAGE TOP