未分類

夢を叶える事業計画

本日、年末社内会議2回目。

うちの会社は12月決算なので、年末までに来期の計画を全部たててしまう。

もちろん、変化のスピードの早い時代においては、計画通りにはいかないことのほうが多い。

先を見据えてきっちり計画を立てながら、コンニャクのごとき柔軟性をもって環境の変化に対応できることが基本。

ありがたいことに、それぞれの事業の売上げも好調、社員も育ってきているので、ここで守りに入らず、どんどん波風をたてていく。

新たに事業を興すスピードもあげながら、それらの役割はすべて社員に任せ、

私自身は僧侶として、死者を対象とした寺から、生者を対象とした寺への、寺院モデルを作ることに専念する。

うちは、小さな会社で、きちんと出来ていないことも多いけれど、社員の伸びしろだけは、すごい。

給料のためだけに会社にへばりついている社員も1人もいない。

起業ブームに乗って独立するのもいいけれど、

その事業や職場、仲間が好きなら、会社で頑張るのもまた
素晴らしい生き方。

会社と社員、双方の甘えがないのであれば、むしろ集団で力を合わせて働くDNAを持っている日本人にとっては、会社組織は働きやすい。

事業は人が育つことによって伸びる。

人もまた事業が育つことによって伸びる。

目の前の小銭を拾わず、現状の安定に固執せず、

常に先を見て、新しいこと、
より大きな事にチャレンジしていくうちに、
個人の成長と可能性、そして、より大きなリターンが
得られるようになっていく。

派手なパフォーマンスで、一気に人目を惹き付ける
インパクトも興味深い。

でも、何より大切にして欲しい事は、
真心をもって着実に、誠実に、人々の脳幹に向けて、
メッセージを発信していくこと。

自分達にしか創れない独自の世界観を形成しながら、
それを社会に、遠慮しないで発信していくこと。

2013年は、これまで地道に撒いてきた種が
一気に開花しはじめる年。

自分達の可能性を信じ、堂々と、伸び伸びと暴れ回って欲しい。

関連記事

  1. 特技
  2. 価値
  3. きっとある
  4. もらう権利
  5. 泣くな!
  6. ペット化する日本人
  7. 芸は身を助ける
  8. 口コミ奴隷

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

“お悩み相談窓口"
“youtubeで動画を見る" “Facebookでシェアする" “ポッドキャストで音声を聴く"
“仏教で磨くリーダーの才覚
PAGE TOP