未分類

六本木ヒルズアカデミーの入り口に飾ってある、
オノヨーコさんの作品、

「夢」

東日本大震災で被災した人々へ向けての
メッセージを込めた書だという。

「夢」という言葉は珍しくない。

そのような作品も珍しくない。

視力があまりよくない私には、
近づいてよく見るまでは、

その書が誰が書いたものかは分からなかった。

ものすごい達筆だというわけでもない。

それが、

ふと脚を止めてこの「夢」に
見入ってしまった理由は、

この作品から伝わって来るエネルギーに
引き寄せられたからだと思う。

「夢」というたった一言、一字に、

その人の心が、魂が、メッセージが、パワーが
込められていて、見る者の胸を打つ。

オノヨーコさんにお会いしたことはないが、

そのような作品を、表現をすることが
できる人というのは、

そのような生き方をしている人なのだろう。

関連記事

  1. 素敵な友達のつくり方
  2. 大きな困難の小さな越え方
  3. チベット仏教のお話
  4. 毎日がアート
  5. 掃除したばかりの窓に、、、
  6. 自分の縄張り
  7. アメリカの女子高生から見た日本
  8. 幸せの違い

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

“お悩み相談窓口"
“youtubeで動画を見る" “Facebookでシェアする" “ポッドキャストで音声を聴く"
“仏教で磨くリーダーの才覚
PAGE TOP