未分類

後悔しています、、、

1、健康を大切にしなかったこと
2、たばこをやめなかったこと
3、生前の意思を示さなかったこと
4、治療の意味を見失ってしまったこと
5、自分のやりたいことをやらなかったこと
6、夢をかなえられなかったこと
7、悪事に手を染めたこと
8、感情に振り回された一生を過ごしたこと
9、他人に優しくしなかったこと
10、自分が1番と信じて疑わなかったこと
11、遺産をどうするか決めなかったこと
12、自分の葬儀を考えなかったこと
13、故郷に帰らなかったこと
14、美味しいものを食べておかなかったこと
15、仕事ばかりで趣味に時間を割かなかったこと
16、行きたい場所に旅行しなかったこと
17、会いたい人に会っておかなかったこと
18、記憶に残る恋愛をしなかったこと
19、結婚をしなかったこと
20、子育てをしなかったこと
21、子どもを結婚させなかったこと
22、自分の生きた証を残さなかったこと
23、生と死の問題を乗り越えられなかったこと
24、神仏の教えをしらなかったこと
25、愛する人に「ありがとう」と伝えなかったこと

終末期医療の専門医である大津秀一さんが
お書きになった

『死ぬときに後悔すること 25』(致知出版)
という本の末期患者さんの後悔リストです。

大津さんは言います。

私は終末期の様々な苦痛を取り除く
スペシャリストです。

しかし、薬で身体的な苦痛を取り除く
ことはできても、精神的な苦痛を取り除く
ことは難しい、、、。

体力が落ち、

体力の不足を睡眠で補おうと
するために睡眠時間が増え、

思考能力も落ちてくる末期の
患者さんには、

これまでなら簡単に解決ができた
ような何でもない問題すら
解決できなくなると言います。

想像してみて下さい。

例えば、出先でケータイを無くしたことに
気づいた時、

「あれっ、ケータイどこやったっけ」と

焦る気持ちを何とか落ち着かせながら、
カバンや上着のポケットを探ります。

それでもなければ、食事をした場所、
メールをチェックした場所など、

自分の行動を振り返って、最後に
ケータイを確認した場所を思い出そうとします。

それでもなければ、ケータイ会社に
連絡してとりあえず通話できないように
ストップしてもらおうと思いつきます。

この間、ものすごいスピードで頭を
回転させてケータイ問題を思考します。

気持ちはハラハラします。
心臓はドキドキします。

でも、それでも何とか自分を落ち着かせて
どうすればいいかを考えます。

それが、できないのです。

考えても不安に思っていることに対する
答えが見つからない。

考えることすらできない。

とんでもなく苦しいと思います。

死ぬ前に後悔すること。

本には25のリストが載っていますが、
現実にはもっと、もっとあるだろうと
思います。

私は僧侶なので、人の亡くなる前ではなく、
人の亡くなった後にその方に
お会いする立場ですが、

死ぬ前、死んだ後、

悔の念を持っているのは、
本人だけではありません。

家族も一緒です。

ですから、寂しい気がしますが、

「死」と真剣に向き合う時間は
とても大切であり、有益です。

私はよく自分の死について想像します。

自分の父は、母はいつこの世を去るのだろうか。

自分はいつ死ぬのだろうか。

そのときどのように死んで行くのだろうか。

死んだ後、残った人達はどのように
生き、また死んで行くのだろうか。

そんなことを詳細に考えてみると、

今日家族と交わした何気ない「おはよう」さえ
貴重に思えます。

口論をしても、その後謝ったり、反省の態度を
示しやすくなります。

自分の命に残された時間が
貴重だと感じます。

私は欲深い男ですから、
やりたいこと。行ってみたいところは
山ほどあります。

そう考えると、

人の悪口を言っている暇はないし、
誰かをうらやんでいる暇もない。

自分を卑下している暇も、

陰口をたたかれて凹んでいる暇も、

ウジウジつまらんことにこだわっている暇も、

自分のメンツを保つために
意味のない冷戦を繰り広げている暇も、

やらなきゃいかんことを先延ばしに
している暇もない。

葬儀に行くたびに
あらためてそんなことを
思い知らされます。

自分の死をから逆算して考えると
残された時間の限りあることに気づきます。

「どのように逝きたいか」という
死に様が定まると、

「どのように生きたいか」という
生き様が決まります。

いつか、その時が来ることは
分かっているし、どんなにがんばっても
先送りはできても、免れることはできません。

私たちは今、死につつある。

今日という時間を、覚悟をもって生きたい。

関連記事

  1. 素敵な友達のつくり方
  2. 意識を内に
  3. ペット化する日本人
  4. 落ち葉拾い
  5. 一年の計は元旦にあり
  6. 依存か感謝か
  7. 93歳の人気者
  8. きゃりーぱみゅぱみゅ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

“お悩み相談窓口"
“youtubeで動画を見る" “Facebookでシェアする" “ポッドキャストで音声を聴く"
“仏教で磨くリーダーの才覚
PAGE TOP