未分類

意識を内に

あなたの右手には指が5本ありますね。

その指を、親指、人差し指、中指、薬指、小指と
順番に折り曲げてみて下さい。

できますよね。

次に、足の指を親指から順番に曲げてみて下さい。

一本一本完璧に独立してというわけにはいかず、
いくつかの指が一緒に曲がってしまうことは
あるかもしれませんが、

でも何とか曲げられますね。

では、腰椎の3番を左にひねって、
4番を右にひねってみてください。

「は??」

という感じではないでしょうか。

世の中には、そのようなことができる
人が実際に存在します。

私がかつて師事した身体操作の達人には、
そのようなレベルで自分のカラダを意識し、
動かせる人達がいます。

背骨は頸椎が7個、胸椎が12個、腰椎が5個、
5つの仙椎が癒合してできた仙骨と、3~5個の骨がくっついた
尾骨でできていますが、

カラダの細部に渡って意識できる人は、
意識したところが活性化し、運動神経が
発達するので、

背骨を自由に動かすというような
芸当ができてしまうのです。

もっというと、

自分で自分の内蔵も、筋肉も、
骨も調整できてしまったりします。

私たちのカラダは意識しているようで
意識していない部分がたくさんあります。

意識できていない部分がたくさんあります。

意識できない部分は、血流も神経の通りも
滞りがちです。

例えば、カラダの中でも最も大きな筋肉が
ついている脚腰回りは、パワフルで頑丈な
筋肉や靭帯に覆われているにもかかわらず、

ぎっくり腰になったりします。

一方、カラダの中で一番酷使する部分である指は、
小さな筋肉で構成されているにもかかわらず、

ぎっくり指になったりしません。

意識がそこに通い、組織が活性化し、
思うような操作ができる部分というのは、
あまり痛めたり、不調になったりしないのです。

私たちの意識は、常に外に向き、
自分の外にあるものを開拓、開発しようとします。

しかし、もっともっと、自分の中にあるものに
意識を向け、開拓、開発してみたいものです。

関連記事

  1. 子どもを料亭に連れて行こう
  2. 毎日がアート
  3. きゃりーぱみゅぱみゅ
  4. コミュニケーションの極意
  5. 結果を出す人と出せない人の明確な違い
  6. もらう権利
  7. 信じるものは救われる?
  8. 魔女の一撃

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

“お悩み相談窓口"
“youtubeで動画を見る" “Facebookでシェアする" “ポッドキャストで音声を聴く"
“仏教で磨くリーダーの才覚
PAGE TOP