未分類

日本の美徳

「日本の街を歩くと海外ではなかなか見られない2つのことに気づきます。

1つは、下を見て歩く必要がありません。
歩道、公園や公共施設の床が清潔です。煙草の吸殻。食べ物の残骸、チューインガム、空き缶、空き瓶、犬のフン、立ち小便の跡、人の痰などがめったに見当たりません。地下鉄駅への昇降階段やホームなんかピカピアに光ったところまであります。

2つ目は、何度も行きたくなるような清潔なトイレです。
公衆トイレ(駅や公園など)と公衆化したトイレ(ショッピングモール、デパート、ゲームセンター、パチンコ屋、オフィスやレストランの雑居ビルなど)が、全国そして街中に溢れます。気軽な駆け込み寺で、しかもタダです。

そして、程度の差はあれ、海外の都市で立ち寄るトイレに比べると圧倒的に清潔です。紙が切れていません。ドアが閉まります。落書きも控えめです。汚物が詰まっていませんし、便器横にはみ出ていません。また、床にゴミ・吸殻・使用済みのトイレットペーパー、コンドームや注射器も落ちていません」

永田公彦著、ディスカバー携書
『日本人こそ見直したい、世界が恋する日本の美徳』より

欧州企業にコンサルティングを行う永田公彦さんの著書。

日本が、日本人が自信を持てる本。

日本を、日本人を強くする本。

激しく一読をおススメします。

関連記事

  1. 仕事と私、どっちが大切なの?
  2. 後悔しています、、、
  3. 自分の取説
  4. 身体感覚の危機
  5. 火傷しそうな祭り
  6. 運命は変えられる
  7. 初夢が暗示すること
  8. 自由な生き方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

“お悩み相談窓口"
“youtubeで動画を見る" “Facebookでシェアする" “ポッドキャストで音声を聴く"
“仏教で磨くリーダーの才覚
PAGE TOP