一問一答

自分にスポットを当てない生き方

【相談者:30代女性】『私は今、摂食障害(過食嘔吐)と気分変調障害で通院中です。通院は、10年ですが過食症の症状は17年になります。起死念慮が強く、入院した事もありますが、子どもの為になんとか生きている状態です。家事も全く出来ず、1日中横になっています。(中略) 私は、何のために生きているのか。居ない方がいいんじゃないか。と、すぐに考えてしまいます。過食嘔吐も治らないし、頭痛が酷くて何も出来ないし、毎日痩せる事だけ考えて、3食野菜ジュースにしたり…正直、もう疲れました。根性無しで、がんばれない。私は、親として最低です。こんな私は、生きてていいのでしょうか。』30代の女性よりお便りをいただきました。

今回はなぜ摂食障害が起こってしまうのか、また心の病を患う人に共通する問題とその解決策について元勝和尚からお話をいただきました。

関連記事

  1. 愛されなかった人も、幸せになれる
  2. 「夢」のかなえ方
  3. 父親になる前に読んでおきたい子育てへの自信のもち方
  4. つまらない人生を楽しくする方法2〜すべては人と会うことからはじま…
  5. 日本人として知っておきたいお盆の話
  6. 未来を変える「言葉の使い方」
  7. どんな負けも失敗も正面から受けとめる「受身の達人」となれ!
  8. 親切の押し売りにならない、困っている人の気持ちを理解する方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

“お悩み相談窓口"
“youtubeで動画を見る" “Facebookでシェアする" “ポッドキャストで音声を聴く"
“仏教で磨くリーダーの才覚
PAGE TOP