未分類

自由な生き方

誰もが自由に憧れる。

自由な生活。

自由な人生。

朝、自然に目が覚めるタイミングで起きて、
好きな人とボサノバの曲でも聞きながら、
香り高いコーヒーを入れて遅めのブランチを。

雑誌を眺めていたら、どこかの島の青い海の写真が
目に飛び込んできたので、早速ネットで調べて
航空券を予約し、3日後にはハワイにいる。

誰にも縛られず、誰にも文句を言われず、面倒なこと、
煩わしいことには一切かかわらない。

お金の心配はいらない。

ネットビジネスでほったらかしで
チャリンチャリンと小金が入って来る。

確かに、そんな生活も魅力的だ。

やってみたことがないなら、
思い切ってやってみるといい。

数日~数週間なら、絶対に出来ないことじゃない。

ただ、それが自由な人生だと思うのは
ちょっと違う。

やってみたら分かる。

私も実際にやってみた。

1年もの間、ダラダラ過ごしてみた。

で、分かったことは、

求めたい自由とは、そんな種類の
自由じゃないということ。

本当の自由とは、そんなのんびりしたものじゃない。
もっと激しいものだということ。

真の自由を求めようとすれば、

それはもう様々な葛藤にさいなまれる。

色んな壁にぶちあたる。

釈迦も、ガンジーも、ジョンレノンも、
マーチンルーサーキングも、スティーブジョブスも、

古今東西、激しく自由を求めた人はみんなそうだ。

みんな、あちこちでガンガンぶつかりながら、
自由を追い求めた。

中途半端な自由を求める人には分からない。

惰性で、何となく、無難に、ダラダラと
人生を受け身で過ごしている人には分からない。

自由を求めれば求めるほど、不自由にぶつかる。

世の中は矛盾だらけ、という現実を目の当たりにする。

それらの矛盾を全部真っ向から受け止めて、

傷だらけになりながらも、
楽しげに口笛を吹いて歩み続ける。

胸を張って、堂々と。

それが真の自由だ。

自由に生きてますか。

関連記事

  1. 弱気になったとき
  2. 誰がそんなこと言った?
  3. 詰め込みすぎると、詰まる
  4. 牛と犬と貧乏と金持ち
  5. みんなできる
  6. 幸せの違い
  7. 疲労回復のコツ
  8. その時どうする

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

“お悩み相談窓口"
“youtubeで動画を見る" “Facebookでシェアする" “ポッドキャストで音声を聴く"
“仏教で磨くリーダーの才覚
PAGE TOP