未分類

詰め込みすぎると、詰まる

流水に触れていると心が落ち着く。

だから食後の皿洗いは大好きだ。

とくに昨年台所の流しに、
アメリカ製の強力ディスポーザーを
つけて以降、片付けが格段に楽しくなった。

生ゴミがどんどんが吸い込まれていくのは、
とても快適だ。

が、今日は食品庫の中を片付けている際、
調子に乗り過ぎて、ディスポーザーを
詰まらせてしまった。

ウンともスんとも言わなくなってしまったのだ。

ありがたいことに、少しモーターを休ませて
リセットボタンを押したら再び回転を始めた。

しかし喜んだのも束の間で、
モーターは動けど、今度は水が流れていかない。

どうやら配管ホースを詰まらせてしまったようだ。

詰まらせてしまってから、

あそこで投入をセーブすればよかった、
と後悔した。

何となく、ちょっとキツいかな、、、と、
感じてはいたのだ。

感じていながら無理をさせ、
結局、片付けを途中で断念し、
時間も大幅にロスしてしまった。

詰まりを掃除しながら、
人間も一緒だと思った。

現代社会ではすべての業種において、
仕事のペースが速い。

チンタラしていては置いて行かれるし、
いつまでたってもゆっくりする時間ができない。

ゆっくりしたければ、より速く仕事を
処理して時間を作り出す必要があるのだ。

というより、やりたいことがたくさんあると、
社員にどんどん仕事を振りたくなる。

無茶振りすることによって社員も伸びるし、

勝負の時は、多少グチャグチャになっても、
ゴリ押ししてでもやらなきゃいけないし、
やらせなきゃいけない。

それが必ずチームの個々の力になるし、
よりよい結果につながるし、
何より、お客さんに「よきもの」を
提供することになる。

ただ、機械も人間も、

あやまって許容量以上の仕事を抱えると、
自動制御装置が働いて、停止してしまう。

詰まってしまう。

だから、時々冷却時間をおいてリセット。

詰まりを解消して再開。

ディスポザーが止まってふと気づいた。

向上心、成長意欲は大事だ。

が「欲」を出しすぎるとどこかで行き詰まる。

あせらない、あせらない。

一休み、一休み。

合掌

関連記事

  1. 信じるものは救われる?
  2. その時どうする
  3. 学びの姿勢
  4. オーラの正体
  5. 会社を辞めたいなら
  6. 自信
  7. 子どもを料亭に連れて行こう

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

“お悩み相談窓口"
“youtubeで動画を見る" “Facebookでシェアする" “ポッドキャストで音声を聴く"
“仏教で磨くリーダーの才覚
PAGE TOP