ただ○○を見よ

そのほとんどが、他人の話。

電車に乗ってふと、聞こえて来る周囲の会話に耳を傾けてみると、 そのほとんどが、他人の話。 テレビもラジオも新聞も、 「誰が、いつ、どうした」と他人の話で忙しい。 老若男女とも、朝から晩まで他人の話。 他人の批判、他人の悪口、他人への賞賛、他人への羨み。 で、振り返ってみると、自分も同じ。 気がつけば、他人を見て、他人のことばかり気にしている。 そんな時は、「いかん、いかん」とブッダの言葉を思い出す。 「ただ自分のしたこと、しなかったことを見よ」ー法句経ー 他人の言動に対してあれこれ言ったところで、何の糧にもなりません。 大事なことは、 自分が何をしたのか。 何をしなかったのか。 今、何をすべきなのか。 自分の成長、自分の精進のために 日々気をつけるべきことは、それだけ。 「ただ自分のしたことと、しなかったことを見よ」]]>

法話会・講演会・各種イベントのお知らせはメールマガジンにて配信しております。