どんな負けも失敗も正面から受けとめる「受身の達人」となれ!

【相談者:10代男子高生】「私は部活のことで悩んでいます。私は中学校の頃から柔道をしていました。そして高校にあがってからも柔道をしていました。しかし、部員の集まりが悪く、来ない人が多くて、部長をしているのですが、次第にいやけがさしてきてしまい、約5か月前からまったく部活に行かなくなってしまいました。そんな自分を私はかなりせめました。悩み続けて一時期はご飯も食べれないような状態、うつのような状態にもなりました。罪悪感から学校に行くのも嫌になった時もありました。辛かったです。今は落ち着いたのですが、今も申し訳ない気持ちが残っています。もう一度、部活を再スタートしたいと思っています。どうかアドバイスやご意見お願いします。待っています。よろしくお願いします。」というお便りを頂きました。

 長年空手をやってきた元勝和尚は同じ武道を志す人間として、「17歳の男子が中途半端な時間を過ごしてはだめ」を叱咤激励し、真に強い「武道家」とはどういうものかについてお話をされています。

]]>

この記事を読んだ人が見ているページ



法話会・講演会・各種イベントのお知らせはメールマガジンにて配信しております。