自分を拠り所として生きる「自灯明の心得」

【相談者:20代男性】大学生の頃うつ状態になり自分の拠り所として新興宗教に入る。その宗教では感謝することの大切さを教えてもらったり、心配していた就職活動も前向きにやってみたら成功し、人生が好転したとのこと。 しかし信仰に救われて、信仰がありがたいと思っていたのに、最近その信仰に違和感を覚えるようになってしまった。このまま社会人になる上でこのまま信仰を続けていくべきなのか…? 27歳男性からのご相談をいただきました。今回は、私たちは何を拠り所にして生きていくべきなのか?仏教の終着点とも言える教えについて元勝和尚にお話をいただきました。

]]>

法話会・講演会・各種イベントのお知らせはメールマガジンにて配信しております。