ペットや動物の死、悲しみを乗り越え 「命」と向き合う

私のせいでペットを死なせてしまったんです。

【相談者:ごめんねハリー/45歳/女性/主婦】 私は海外生活20年目の、現在はニュージーランドに住む40代の専業主婦で、ニュージーランド人の夫と8歳と6歳の娘達と猫一匹と暮らしています。 この度ご連絡させて頂こうと思ったのは、私の愚かさから、生き物を死に追いやってしまったからです。 ニュージーランドの路上で見かける動物の死骸のほとんどは、ポッサムとハリネズミなのですが、先日、自宅前の路上に20cmくらいの大人のハリネズミが歩いていました。 次女だけが一緒にいたのですが、生きているハリネズミを見るのが初めてだった娘は大喜びで、のんびりのんびり歩く本当に可愛らしいハリネズミを1時間くらい観察していました。 夜行性のはずのハリネズミがどうして昼間いたのかは不明なのですが、どんどん大通りの方へ歩いて行ってしまうので、ダンボール箱に入れて一旦家の横の山に移動させました。 長女のためにビデオや写真を撮っておいたのですが、あまりの愛くるしさに、絶対に生で見たかったと言うに違いないと思い、夕方娘を迎えに行く間だけフェンスの付いている自宅の庭に入れてから長女を迎えに行きました。 帰宅後、長女にも見せてあげることが出来たのですが、お友達の家の庭に住み着いているハリネズミがいることから、うちの庭にもこのまま住んで欲しいと言い出しました。 そこで、環境を整えてあげて、ペットとしてちゃんと面倒を見てあげようと思い、屋根の付いている場所の下に藁をたくさん積み上げたところ、すぐにモゾモゾと潜って行ったので、人間から隠れていたいのだろうと思っていました。 すぐに飼育方法などをいろいろネットで調べ、翌日がちょうど週末だったので、旦那と手分けして前庭にフェンスを付けたり枯れ葉を集めに行ったり、断熱素材付きの小屋を作る計画を立てたりしていました。 こちらは日本とは季節が逆なので、今は初冬なのですが、うちに来た日と翌日の二日間、ものすごい土砂降りが降りました。ハリネズミの場所が濡れてないか心配だったので、何度かエサや水をあげに行くついでにちょっと藁を持ち上げて見て、丸まって息をしていることだけを確認しました。 そっとダンボール箱に入れて移動した時にも、体を少し丸めて固くしていたので、その時も藁を持ち上げたことで人間の気配に身を固くしていても、動きたければ5分もすればまた普通に戻るだろうし、夜行性の動物だから今は寝ているだけだろうと思っていました。

ところが、日曜日の朝になんと死んでしまっていました。

金曜日にはあんなに元気に歩き回っていた、あの可愛い可愛いハリネズミが死んでしまいました。 日本のサイトでペットとしてのハリネズミの飼い方を調べた時に、暖房器具が必要と書いてあったにも関わらず、この子は野生でいつも野宿しているし、真隣りに藁を入れた防水の箱を置いておいたので、もし雨が嫌なら自分で移動するだろうから大丈夫だろうと高を括っていました。 ハリネズミは寒いと冬眠してそのまま死んでしまうこともあると書いてある記事を死んでしまった後に読みました。

私が我が家に連れて来なければ、自力でどこか暖かい場所を探すことが出来たに違いありません。

子供たちにちゃんと話をして、山に返してあげるという選択肢があったのにも関わらず、あまりの愛くるしさに私もペットとして飼いたいという私のエゴと、野生動物に対する私の考えの甘さの結果として、あの子を死なせてしまいました。 初日路上で観察していた時に、近所の人たちから、棒でつつけばまん丸になるよと言われた時に、そんなこと可愛そうだと思い試しませんでしたが、今思えば私はもっと酷いことをしてしまいました。

本当に取り返しの付かない大変なことをしてしまいました。

どんなに後悔しても反省しても、あの子はもう死んでしまっているのに、自分だけが楽しく笑顔で過ごしていると、とても罪悪感に苛まれます。 私は大変冷え性で、以前に冷えが原因の一つとして体調不良(アディソン病)になってしまったこともあるので、真夏以外はウールの靴下を重ね履きしていつも体が冷えないように気を付けています。 でも今回の出来事があって以来、特に暖かくしている時に、罪悪感を強く感じてしまいます。私や飼い猫がぬくぬくと家にいた時に、あの子は寒さの中凍えて死んでいったのだと思うと、本当に本当に申し訳なくて、悔やんでも悔やんでも悔やみきれません。 でも、私が後悔して辛いのは自業自得なので仕方がないと思っています。

ただ、今私に出来ること、すべきことは何なのか

を教えて頂きたく、とても悲しんでいる娘に、大愚元勝様ならどのようなお言葉をおかけになるのかを、教えて頂けましたら幸いです。 上記の相談内容に対する、大愚和尚の処方箋▼
大愚元勝のメールマガジン]]>

この記事を読んだ人が見ているページ



法話会・講演会・各種イベントのお知らせはメールマガジンにて配信しております。