過去は問題ではない今をどう生きるかを重んじる「禅」の生き方

“心の底から笑う”ということが中学の頃からできておりません。

【相談者:亮さん/19歳/男性】 自分には荒れていた時期がありました。 中学3年~高校2年になるまで、デパート等にあるフードコートにて地元の不良中学生~不良高校生と出会い、さらには入学した高校にて悪い輩との出会いもありました。 そんな中で、自己中心的な考え方しかしてこなかった私は数々の犯罪を犯してしまいました。1度目の逮捕は傷害、暴行罪でした。 私は、この一件で自分を見つめなおし、もう犯罪行為は行わないと心に深く決めました。2度目の逮捕は住居侵入と窃盗罪です。 2度目の逮捕後、住居が大手のリサイクルショップでして大きいガラスを何枚も割ってしまったので賠償金が60万円ほどかかってしまいました。 17歳の終わりから私は犯罪行為は1度も行っておりません。ですが一時期自暴自棄になったことがあります。その理由は「賠償金の60万円」の重みからでした。 自分が犯した罪は消えないですし、それに対しての罰だと思っています。ですが、賠償金の60万円、、、 60万円 というのが心に重くのしかかってしまい「死にたい」と毎日考えた時期もありました。人生がつまらないです。 “心の底から笑う”ということが中学の頃からできておりません。 表面上は「あはははは」と笑っているようでも心の中では「他人が心から楽しそうでうらやましい」と感じていました。 捻じ曲がった性格になってしまった原因がよくわかりません。 すごく長文で読みづらいかもしれませんが具体的な質問内容としては 「どうしたら毎日を楽しく生きていけますか」です。 上記の相談内容に対する、大愚和尚の処方箋▼
大愚元勝のメールマガジン]]>

この記事を読んだ人が見ているページ