「仕事の効率」を上げる仏教の知恵

多くの仕事を処理できるようになりたいです。

【相談者:電気屋さん/男性/会社員】 建設現場の電気設備工事の施工管理(段取り、図面作成、管理)をしております。 現在東京から名古屋に1年半の出張で来ており、残すところ9ヶ月程で次第に仕事も忙しくなってきました。 私は2棟ある建物のうち1棟が担当ですが、途中、もう一つの棟の担当の社員が二人来なくなるアクシデントがあり私の担当外の仕事にも時間を費やしたこともあり、私の担当する棟は残りの時間ぎりぎりで仕事をしなければならない状況になってきています。 現在入社10年目ですが、あまり仕事のことを知らなかった入社5年目位までは、大雑把な段取りで、トラブルが起きたら駆けずり回ったり周りの協力でなんとかなるということが多かったのですが、段々とトラブルを恐れ段取りをよくしようと突き詰めすぎてしまいます。 突き詰めてよかったことも多いのですが、今は時間があまりないのです。 段取りをよくしないとトラブルが怖い、しかし大雑把にやらないと時間が足りない。 もっと忙しくなってしまう前に切り替えて多くの仕事を処理できるようになりたいです。 このようなご相談をいただきました。 今回は、「仕事の効率化と組織運営の極意」について大愚和尚にお話をいただきました。
大愚元勝のメールマガジン]]>

この記事を読んだ人が見ているページ