親の心得と大愚式子育ての3ルール

ずっといじめられて生きてきました。 息子が同じ目に遭わないようにするにはどうしたらいいでしょうか

【相談者:くららさん/女性】 息子に幸せな人生を歩んで欲しい。 いじめが理由で子供が自殺したというニュースを見るたびに、恐ろしくて、途方にくれます。 私自身、小学校6年間、同級生の女子全員に無視され、 男子からは毎日「デブ」「ばか」「ぶた」「死ね」という言葉を言われ続け、 物を盗まれたり、風邪気味のときに水をかけられたりしました。 両親は自営業で忙しく、子供らしく楽しそうに遊ばない私を、 「変な子」と言って恥じていました。 スポーツは何をしても1番の兄からもみっともないと思われ、 口も聞いてもらえませんでした。 小学校卒業後も、中学、高校、海外の大学を出て大人になってからも、 仕事場、病院、いたるところで仲間外れ、ばかにされる、いやみを言われる、というのが続き、 アルコールなどで心の痛みを麻痺させて生きていました。 それでも子供がほしいという夢は捨てられず、 最近息子を授かることができました。 誰とも関わらず、息子の世話だけして生きている人生は幸せそのものです。 でも毎日、私のせいで息子がいじめられてしまうかもしれないと思い、 インターネット等で対策を探していると、 親が他の親と仲がいいといじめられにくいなどあり、どうしようと悩んでいます。 私の場合、人間関係は一通りの努力はしましたが、どうにもなりませんでした。 いやなことを言ってきたら無視しろと言われ、 耳を塞いで生きてきたため、ばかにされるようなことを言われても、 その場でさっと言い返すことができず、 後であれはばかにされていたんだと思い、悔しく思うことが多々あります。 もう私の人間関係なんて、とうの昔にあきらめていましたが、 まわりに溶け込めない母親を息子が見てどう思うか、 ましてや私が理由で息子がいじめられるようなことは死んでもいやだと思い、 格闘技やいろいろなスポーツをためさせようかとか、 歳の近い兄弟を作ろうかとか、いろいろ考えています。私がほしくて産んだ命です。 息子が幸せにならなかったら、申し訳なくてしかたがありません。 息子が、夢や希望を持って、それを叶える努力をするような生き方ができるように、 私が具体的にできることはなんでしょうか。 このようなご相談をいただきました。 今回は、親の心得と大愚式子育ての3ルールについて大愚和尚にお話をいただきました。
大愚元勝のメールマガジン]]>

この記事を読んだ人が見ているページ



法話会・講演会・各種イベントのお知らせはメールマガジンにて配信しております。