人間関係の悩み

理想的な親子関係の築きかた

【27歳・女性・会社員】

先日友人の結婚式に出席しました。
花嫁から両親への手紙があり、とても感動しました。

けれど、それと同時に、
わたしはこんな立派なことは言えない。と思ってしまいました。

私は、両親の事が嫌いで、できるだけ避けてきたので、
感動的な思い出がないのです。

ご飯は一緒に食べても、テレビをみながらなので、
会話はテレビの感想を言うくらいです。

そのまま部屋に行き、パソコンをしたり、友達と連絡をとったりするので、
あまり両親と話す事はありませんでした。

社会人になってからも、それは変わりませんでした。

ご飯とテレビを見るときだけリビングへ行き、
深い話をすることなく、部屋に戻ります。

今では嫌いという感情はなくなり、
どちらかというと好きですし、大切な存在です。
ここまで育ててくれたことにたいして、感謝をしています。

けれど、今でも深い話はできないですし、どこか気を使ってしまいます。
それは、両親から私に対しての態度も同じです。
どこか私に気を使っている感じがします。

昔は父がとても怖く、
母はそれを気遣うようなかんじで、生活をしていました。

私はどちらかと言えば父にかわいがってもらっていた方なので、
なんとか、父を怒らせないようにと必死でした。
怒るととても怖かったのです。

けれど、その延長線上なのか、私は家族だけでなく、
人に対してもいつも気を使ってしまうところがあります。

今では父も丸くなり、怒る事はありません。
どちらかと言うと優しいです。
冗談を言い合い、笑い合う事もできます。
私は完全には心を開いていませんが。

とくに今の家族関係をどうにかしたいとは思っていません。

ただ、友人の結婚式で、手紙の言葉を聞いた時、
自分の家族関係にコンプレックスを感じてしまいました。

このままの関係を続けていていいのか。
それとももっと歩み寄り、大切にしたほうがいいのか。

ふと孤独感や寂しさを感じます。

===============

関連記事

  1. 否定的な自分を受け入れる「いいじゃないか」の法則
  2. 自分を拠り所として生きる「自灯明の心得」
  3. どんな負けも失敗も正面から受けとめる「受身の達人」となれ!
  4. 好きな人を振り向かせる方法|幸せな関係になれる3つの秘策
  5. 受験生の子供を持つ親の心構え
  6. 「介護」なくてはならない仕事
  7. 子供が可愛くないお母さんに読んでほしい我が子の真の愛し方
  8. 欲を手放し心を整え穏やかに生きる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

“お悩み相談窓口"
“youtubeで動画を見る" “Facebookでシェアする" “ポッドキャストで音声を聴く"
“仏教で磨くリーダーの才覚
PAGE TOP