一問一答

日本人として知っておきたいお盆の話

 

小学校3年生のクルミちゃんから、「お盆ってなんですか?」という質問が寄せられました。夏の恒例行事であるお盆。家族一同で集まる、とても楽しい時間です。そんなお盆ですが、実は日本人にとって大切な深い意味が込められた伝統行事だったのです。そして、お盆の時期はなぜお墓参りをするのでしょうか?元勝和尚から語られるお盆のお話です。

お盆ってなに?

お盆は毎年夏の恒例行事です。法要を営んだり、お墓参りをしたり、迎え火や送り火を焚いたりします。一般的なお盆は8月に行われます。しかし関東の一部では、7月にお盆を行なう地域もあります。旧暦のお盆は7月です。しかし現在では月遅れの8月のお盆が一般的です。農家が忙しい時期に重ならないために、また、夏休みに合わせるために、ひと月遅らせるようになったのでしょう。

家族一同で集まり、楽しい時間を過ごすお盆。「盆と正月」という言葉の通り、お正月に並ぶ大切な行事です。では、そもそもお盆には、どのような意味があるのでしょうか?お盆とは、仏教の「盂蘭盆会(うらぼんえ)」に、日本の祖先崇拝が融合された行事なのです。お盆の意味について詳しく見ていきましょう。

苦しむお母さんを救いたいという思い

まずは、お盆の正式名称である「盂蘭盆会(うらぼんえ)」についてです。「盂蘭盆(うらぼん)」とはインドのサンスクリット語における「ウラバンナ」が語源であると言われています。どういう意味なのでしょうか?

「ウラバンナ」とは、なんと「逆さ吊り」という意味なのです。苦しい地獄を連想させるようで、驚きですね。なぜお盆の起源が「逆さ吊り」なのでしょうか?仏教のエピソードをひもといてみましょう。

お釈迦様の十大弟子のひとりに目連(もくれん)がいます。目連は神通力の持ち主。念力を使い、いろいろなことを見通せたと言われています。ある日、目連は楽しそうな親子が通るのを見て、自分の亡き母に思いをはせました。亡くなった母があの世でどうしているのか知りたくなった目連は、神通力を使ってあの世をのぞき、母を探してみました。

母は極楽にはいませんでした。地獄を見たら、なんとそこには母がいました。そこで目連が見たものは、逆さ吊りにされて苦しんでいる母だったのです。

生前の母は「自分さえよければいい」と考えていたようです。目連は、どうすれば母を救えるのか悩み、お釈迦様に相談しました。お釈迦様は「夏の修行が終わった7月15日に、お坊さんを招いて、お母さんをあつく供養しなさい。そうすれば、助けることができるであろう」と答えました。目連は、お釈迦様の教えの通りに母を供養しました。すると母は極楽へ行くことができたのです。

これをきっかけに始まったのが「盂蘭盆会(うらぼんえ)」です。これが現在のお盆の起源です。

ご先祖様がつないだ命

先ほどお話しした盂蘭盆会に、日本の祖先崇拝がミックスされたものがお盆です。迎え火を焚いて、ご先祖様を13日にお迎えします。そして3日間みんなで一緒に過ごした後、送り火を焚いて16日に送り出す。これがお盆の風習のひとつです。それでは私たちにとって、ご先祖様とはどのような存在なのでしょうか?

ご先祖様は、とても苦しい時代を経験していたようです。お寺には「過去帳」という記録文書があります。過去帳には長い歴史があり、亡くなった方の記録が多く残されています。過去帳を見ていくと、バタバタと大量に人が亡くなった時期があります。いったいなにがあったのでしょうか?それは、大きな飢饉です。

昔は今ほど物資がなく、交通網も整備されていませんでしたので、往々にして食料不足が起きたのです。飢饉になると、わずかな食べ物をみんなで分け合いました。それでも食べ物がない。そんな飢饉では、家族で亡くなる順番に法則があったようです。飢饉のときに、一家のうちでまず先に亡くなるのは誰でしょうか?体が弱いお年寄りでしょうか?免疫力がない子供でしょうか?

答えは、お母さん(お嫁さん)です。

食べ物がなくなるとまず先にお母さんが亡くなりました。それは、お母さんが自分の食べるものを減らしてでも周りに与えたからです。お母さんの次にはお年寄りが、その次には働き手であるお父さんが、そして最後に亡くなったのが子供でした。お父さんは、最後の食べ物を子供に与え、「この子をどうかお願いします」と言って倒れていったのです。

大飢饉を経験した時代がある。それでもご先祖様は、自分を犠牲にしてまで次の世代に命をつないだのです。その結果、豊かな私たちの時代があるのです。ご先祖様のおかげで、今の自分があるといえます。私たちのご先祖様は、とても偉大なのです。

お盆には「ありがとう」を伝えよう

ご先祖様がつないだ命が私たちなのです。そう考えると、ご先祖様に感謝せずにはいられません。ご先祖様をお迎えして感謝の気持ちを伝える。それが日本のお盆です。お盆とは、ご先祖様に「ありがとう」を伝える、貴重なチャンスなのです。この風習を、子供たちにも伝えていきましょう。

今回はお盆について考えてきました。お盆に対する見方が、少し変わったのではないでしょうか?仏壇の前で、お墓参りのときに、手を合わせてご先祖様に「ありがとうございます」が言えるといいですね。

 

関連記事

  1. 「自分らしさ」は必要?不必要?
  2. 原因不明の体調不良を解消する方法
  3. 人生の最後に後悔しない生き方のススメ
  4. 愛されなかった人も、幸せになれる
  5. パワハラを根本的に解決する方法
  6. 「今」を苦しめる「過去」からの脱却法
  7. 人生の進むべき道をあきらかにする3つの手順
  8. 自分を拠り所として生きる「自灯明の心得」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

“お悩み相談窓口"
“youtubeで動画を見る" “Facebookでシェアする" “ポッドキャストで音声を聴く"
“仏教で磨くリーダーの才覚
PAGE TOP