なくな

2019/8/1 更新

涙には色々ある。
嬉し涙、悲し涙、何かしみた涙、悔し涙、情けない涙、、、
中でも、誰かにの罵られたり、あざ笑われたり、失敗したりすれば、悔しくて、情けなくて、思わず涙が溢れ出る。
だから「泣きたいだけなけばいい」という慰めもあるだろう。
でも、私はそこで「泣くな!」と言いたい。悔しいと思ったら泣くな。情けないと思ったら泣くな。
せっかく溜まった「こんちくしょー!」というエネルギーは簡単に抜いちゃいけない。
その悔しさと情けなさを思いっきり吸い込んで、反撃の燃料に変えるんだ。

反撃といっても、暴力とか、暴言とか、陰でイジイジとか、裏でブツブツとか、そんなけち臭い反逆ではなく、
もっとデカい反撃方法を考えて、その時のために、静かに、健かに力を蓄えよう。

バカにした奴らを見返す唯一の方法は、バカにされない自分に変わること。
1年かかるかもしれない。5年かかるかもしれない。
でも、時間なんて問題じゃない。
悔しさが大きければ大きいほど、何年でも耐えられるもの。
それが耐えられないなら、大した悔しさじゃなかったってことだ。
悔し涙はいつか嬉し涙に変わる。
その時までとっておけ。

この記事を読んだ人が見ているページ