住職挨拶
住持敬词

2021年4月
慈光2021年4月Translated by 魏
年年歳歳 花相似たり年年岁岁花相似
歳歳年年 人同じからず岁岁年年人不同
毎年同じように繁花年年似锦
花は美しく咲くけれど、赏花人却岁岁不同
それを見ている人は如若不珍惜时光
同じではない。青春便恍然老去
若いと思って油断していると、
あっという間に
年をとって老いてしまう。
住職挨拶住持敬词
桜が冬の寒さにじっと耐え、像樱花耐过冬日严寒
春に美しい花を咲かせるように在春天绽放一样
年年歳歳 花相似たり (ねんねんさいさい はなあいにたり)年年岁岁花相似
歳歳年年 人同じからず (さいさいねんねん ひとおなじからず)岁岁年年人不同
「毎年同じように花は美しく咲くけれど、それを見ている人は同じではない。若いと思って油断していると、あっという間に年をとって老いてしまうよ」と、散る花にはしゃぐ若者たちを見て、人生の無常を詠嘆した一句です。“花每年都会开的很美丽,而赏花的人却并不相同。诗人哀叹在落花下嬉戏的年轻人不知青春易逝,容颜易老”。
今年、福厳寺の桜は3月下旬に満開を迎えました。桜の淡いピンク、桃の濃いピンク、菜の花の鮮やかな黄色、そして穏やかに澄んだ空の青色。何気ない景色ですが、この時期にしか見られない絶景です。今年3月下旬,福严寺的樱花盛开了。淡粉色的樱花,深粉色的桃花,明黄色的油菜花,还有那清澈湛蓝的天空。这看似美丽随意的景色,却也是绝景。因为只有在每年的这个时候才能看到。
桜は決して人を喜ばせるために花を咲かせるわけではありません。桃も決して人を喜ばせるために実をつけるわけでもありません。冬の寒さに耐え、虫や病気に侵されながら、生きるために、自己の存続のために、花実をつけるのです。樱花不会为了讨人喜爱而盛开,桃树也不会为了让人高兴而结果。它们忍耐过冬天的寒冷和病虫的侵害并在春天开花结果,仅仅是为了自己能够存活下来。
けれども、その一見自分本位の生きざまが、結果として美しい花となり、美味しい実となって周囲に喜びを与える。それが自然のあり方です。虽然活的有些自我,但从结果上来看,漂亮的花朵,好吃的果子,会给周围带来欢乐。这才是自然的法则。
この春、福厳寺では新たに3人の修行僧を迎えました。現役の大学生もいます。現役の社会人もいます。世間から見れば、ストイックで厳しい修行生活。多くの世俗の楽しみや、慣れ親しんだ家族や仲間を離れて、たった一人で山寺の未知の世界へ身を投じる。今年春天,福严寺迎来了人3位新人修行僧。他们中有正在读书的大学生,也有已经步入社会参加工作的人。在世人看来,“修行”的过程,一定是一段严苦的岁月。是要放下自己兴趣爱好和至亲朋友,去只身投入到山寺的未知世界。
修行僧というと、「強い精神力と強固な意思を持った者たち」と思われるかもしれません。あるいは、「浮世離れした変わり者」と思われるかもしれません。しかし多くの修行僧たちは、世間一般の人々と何ら変わりはありません。自分で修行道場の門を叩いたにもかかわらず、ふと仲間のことを思い出して、すでに剃り落とした後ろ髪をひかれたり、キャリアを捨てて修行生活に入った自身の選択を疑ったり、寺に訪れる参拝者の方々を見て、その自由で楽し気な生活を羨んだり・・・。修行僧,要么被认为“精神顽强和意志坚定”。要么被认为是“远离浮世嚣尘的怪人”。可他们中的大多数,与我们这些“世俗人”没什么不同。虽然是他们自己主动叩响了修行道场的大门,但是还会有想起朋友,误抓自己“不在”的头发,后悔自己抛下职位的时候。他们甚至有时还会羡慕那些来寺院参拜的信者,羡慕他们自由自在的生活着。
「同世代の仲間は会社に入って働き、お金を稼ぎ、貯蓄もしながら人生を謳歌している。仕事を通じて、商品やサービスを提供し、税金を納め、社会に貢献している。それに比べて俺は一体ここで何をしているんだ・・・。」などと、内心大きな葛藤の嵐に揺さぶられながら日々を過ごしているのです。“与自己年纪仿佛的同学,同事,朋友此时已进入社会有了工作,赚了钱,甚至很可能正边攒钱边在享受生活。通过自己的职业给他人提供商品和服务,纳税,为社会做着贡献。相比之下的我,在这里干着什么呢?”等等。。。每天都在内心的纠结和矛盾中煎熬。
それでもその先に、迷いや執着を離れて、世の中をありのままに捉えられる聡明さを求めたい。欲、怒り、頑固さを離れて、柔軟で、穏やかで、人を思いやる優しい人になりたい。怠け心や誘惑に引きずられることなく、自らの軸を定めて、ブレない人生を歩みたい。という、漠然としながらも、明確な願いと誓いを持っています。尽管如此,我们希望自己能远离迷茫和执着,拥有探求世界本质的智慧。成为一个远离欲望、愤怒、顽固、成为一个温柔,体贴他人的人。不被懒惰和诱惑所拖累,安心定性,走上坚定不移的人生道路。并带着这份既模糊又明确的愿望和誓言前行。
「自己を成長させたい」「人生をより良いものにしたい」そのような欲を持っています。带着“完成自我成长”,“让人生变得更有意义”的要求前行。
お釈迦さまは、欲を2種類に分け、それを正く抑えよと説かれました。释迦牟尼佛教诲说,欲望有2种,对这2种欲望要予以合理正确的控制。
お釈迦さまは欲を抑えよと教えられました。そして抑えるべき欲を2種類に分けて説いています。释迦牟尼佛祖还教诲说,要控制欲望。特别要合理控制以下这2种欲望。
渇愛(かつあい)と、志欲(しよく)の2種類です。即渴爱和志(向)欲
「渇愛」は、眼、耳、鼻、舌、身、意という感覚器官を喜ばせる欲です。これらの欲はもちろん、生きるために必要な欲です。けれども、渇愛を放っておけば、人生の質が下がってしまうのです。“渴爱”是指让眼、耳、鼻、舌、身、意这些满足感官的欲望。当然这些欲望是生存所必需的欲望。但是,如果放任渴爱,人生的质量就会下降。
例えば美味しいからといって、気の向くままにケーキやチョコレート、ステーキやラーメンなどを食べ続ければ、肥満や病気を発症してしまいます。なぜなら旨味の正体は、砂糖と塩と油だからです。砂糖と塩と油を使ったマジックが、「旨い!」の正体です。もちろんたまに楽しむなら問題ありません。しかし、旨いからこそ、依存、中毒にもなりやすい。渇愛をコントロールできなければ、一時的に感覚器官は喜んだとしても、長い目で見れば、病気を発症したりして生活の質を下げてしまうのです。比如虽然好吃,但如果随心所欲地去吃蛋糕、巧克力、牛排、拉面等等,就会引起肥胖和疾病。为什么呢,因为美食的真面目是糖、盐和油。这是一套由糖,盐,油组成的魔法。被施魔法的食物当然“好吃!”偶尔享受美食是一点没有问题的。但人很容易对美食易产生依赖、甚至达到中毒的程度。不能合理控制渴爱的话,即感官一时被满足,很开心。可常此下去,会因为生病等其他隐患而导致生活质量有所下降。
一方、「志欲」は、生活や人生の質を上げる欲です。志欲は、気づき・理解・知識がなければ生まれない欲です。生活や人生の質を上げるもの、価値あるものと罪悪になるものを見極めることから始まります。志欲が生まれると、自分や社会に価値を与えるものを、探究したり創造したくなるのです。しかし志欲もまた抑える必要があります。お釈迦さまは志欲も放置してはいけないとおっしゃいました。另一方面,“志欲”是提高生活和生命质量的欲望。如果没有知觉力,理解力和知识是无法产生志欲的。首先要学会分辨哪些是能提高生活,生命质量的,有价值的志欲,哪些是会产生反作用的志欲。人有了志欲,就会想要去探究和创造给自己和社会带来价值的东西。但志欲要合理抑制。释迦牟尼佛教诲说,志欲不可置之不理。
欲は心に生じるエネルギーなので、放置しておくと行き場を失って暴れたり、違うエネルギーになって望ましくない方向に変換されたりするからです。因为欲望是生于心中的一股能量,如果放任不管,它就会因失去控制而暴走,或转为成其他能量从而奔向不理想的方向。
では、どのようにして志欲を抑えるかというと、成就して抑えるのです。那么,如何抑制志欲?成就的同时并抑制。
志欲がある時は成就するように努力する。知恵を育てて(気づき、知識、理解を深めて)正しい欲、正当で道理にかなった欲と、正しくない欲、不当な欲を分別する。产生了志欲后,要为了成就它去努力。培育智慧(加深知觉、知识、理解力)辨别什么是正确合理的欲望什么是不正确不合理的欲望。
渇愛を抑えて、志欲が生じるよう刺激する。志欲が生じたら、すぐさま成就して抑えるよう、努力する。それが、私たち佛心僧の仏道修行です。抑制渴爱,刺激志欲的形成。志欲形成后及时成就并努力控制。这就是我们佛心僧所谓的佛道修行。
修行僧たちにとって、自己と徹底して向き合う2年間は確かに厳しいかもしれません。しかし同時に、この上なく有意義な時間であり、間違いなく、彼らの質の高い将来に向けての原点となることでしょう。对于我们修行僧来说,彻底面对自我的2年确实很严峻。但同时,这是一段非常有意义的时光,毫无疑问,这将成为他们走向高品质未来的原点。
桜が冬の寒さにじっと耐え、春に美しい花を咲かせるように。決して人のためではなく、自分のために懸命に咲くように。それでいて、咲いた花が人々を喜ばせ、楽しませるように。樱花一直忍耐着冬天的寒冷,在春天绽放出美丽的花朵。绝不是为了别人,而是为了自己而努力绽放。赏樱的人心生喜悦只是其次而已。
この『慈光』をお読みになっておられる皆さまは、修行僧ではありませんが、求道者の一人であることには違いありません。どうぞ皆さまも、私たちの修行僧とともに、渇愛を抑え、志欲を育てていきましょう。皆さまのご健勝と、生きとしいけるものが幸せであることを祈りつつ。手持《慈光》的诸位读者,即便不是修行僧,也必是求道者之一。请大家和我们修行僧一起,抑制渴爱,培养志欲吧。祈祷诸位身体康健,众生幸福。
合掌合掌
令和三年四月吉日 佛心宗 福厳寺住職 大愚元勝令和三年四月吉日佛心宗福严寺住持大愚元胜
Scroll to Top